調 剤 薬 局 に つ い て
調剤薬局とは
調剤薬局は、医師の処方箋(しょほうせん)に基づき、薬剤師がお薬を調合し、患者様にお薬をお渡しします。安全に、安心して服用できるようにお薬について飲み方や使い方を説明したり、相談に応じたりすることを主な仕事としています。 調剤を行う薬局では、日本全国どこの病院の処方箋でも調剤することが出来ます。かかりつけの薬局を決めておくことでより安全にお薬を飲むことができるようになります。
医薬分業について
昔はお薬は病院や診療所で調合し、お渡ししていました。 現在では、病院や診療所では処方箋を発行し、お薬の調合やお渡しは調剤薬局で行うようになってきました。 これを「医薬分業」と言い、厚生労働省は進めてきました。 医薬分業とは、医師が診療に専念し、お薬のことは薬剤師が担当して医療の質の向上を図るというもので、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務分担し、より安全で効果的な薬物療法を行うことを目的としています。
薬剤師の役割
薬剤師の代表的な職務は、処方箋にもとづく調剤です。
患者さまの体質や薬のアレルギー歴、どんな薬をいつごろ使用したかなど確認して、薬の副作用や併用している薬との相互作用のチェックを行います。
服薬の安全性を確保することは薬剤師の重要な役割であり、必要があれば医師への確認や処方の改善を求めるなど、医療機関との連絡を密にして安全で正確な調剤をおこなっています。

調剤とならんで薬剤師の大きな職務のひとつに、薬の服用の仕方、効能や保管方法などの留意点から健康上のアドバイスまで、患者さまの疑問や不安にお答えすることがあります。
まず患者さまの声をお聞きし、臨床薬学の知識にもとづいた、きめ細かな対応をしていくことは、専門知識をもった薬剤師であればこそ果たすことのできる役割です。