処 方 箋 に つ い て
処方箋とは
処方箋(しょほうせん)とは、医療機関にかかって診察を受け、保険診療として必要と考えられた薬を処方してもらうことです。 処方には大きく2つに分けられ、院内処方と院外処方があります。 院外処方とは、調剤薬局であれば、病院の近くの薬局でも自宅近くの薬局でも自分で薬局を選んで持って行き薬をもらうことが出来ます。 院内処方とは、病院の中に薬局があり、お薬まで処方してもらうことです。 もらう薬は同じでも、院内処方と院外処方ではかかる費用や手間ひまの他にも調剤の待ち時間の問題や薬の説明を十分受けられるかどうかなどいろいろ違いがあります。
院外処方のメリット・デメリット
処方には大きく2つに分けられ、院内処方と院外処方があります。 近年は院外処方にする医院さんが増えてきていますが、簡単に院外処方のメリット・デメリットを紹介いたします。
メリット
薬の説明を納得するまで聞きやすい。薬の説明のプリントなどももらえます。
同じ薬局を利用するれば、複数の病院からもらった薬の飲みあわせをチェックしてもらえる。
稀にしか使わない薬や薬価が違う薬でも、処方してもらいやすい。
自分の気にいった薬局に都合の良い時間に処方箋を持っていって調剤してもらえる(処方箋の有効期限は通常4日間)。
薬剤師は通常多重チェックを必ずするので、薬の投薬ミスが少ない。
医師が使える薬が増える。
ジェネリック薬の処方も可能。
デメリット
医療費負担が多少増える場合がある。
院外薬局まで行く手間がかかる。